おなかにいっぱい、あやかしの種の3話の感想です!

小さなころから主人公のあかるには 隠された秘密があった

それは誰にも言えない事 幻想的な獣あやかしの本性を いつも見ていた

 

普通の人々には決して見えないあやかしを そのあかるはハッキリ感じていた

 

慣れたとはいえ恐怖感は拭えないでいた 泣きじゃくることも度々で悲哀を感じる

不思議な能力を持っていることを まったく知らない人はおかしな 女の子として映っていただろう

真面目な少女は徐々に追い込められた そんなあかるを親はただ手をこまねいて 見詰めるのであった

 

娘の恐怖感を取り除きたい両親も あかるの能力には半信半疑で打つ手が全くなかった。

廻りに目から逃げるように住居を引っ越しする しかしあかるの前にはあやかしの姿が...

 

新しい環境へ引っ越してきてまもなく 何ら変わりなくあやかしを見えてしまう

何処に行こうが逃れられない獣 もうこの少女はあやかしの姿に 何時までも怯えるしかない。

 

あかるはそのあやかしが見える眼を どうにか元の人間の眼に戻せないか 悩む中ある決意をする

獣のあやかしと関係を持てばひょっとして 元の眼にもどって平穏な暮らしができるかも 安易なことを予想する

あやかしの長であるリンが手伝いを依頼している あやかしの精液集めをあかるが実行すれば わたしには恩恵を授かれる

 

犬の表情をしたあやかしの精液を集めよう そのあやかしは犬上 あかるは犬上に精液を献上するように話をする

あかるは未成熟な女体を誘惑に使う そんなエロい姿に犬上も満更ではない おっぱいの大きなカワイイ少女あかる

大好物の犬上はルンルン もうアソコは固くなっているはず

 

なんら人間と欲求は変わらないエロさ あかるのノーブラでおっぱいを武器に 責める

犬上の視線の先にはあかるのおっぱいの 膨らみと突起物が見えていた

佐藤沙緒理のあやかしの種最新3話が読める!

>>あかるの巨乳ノーブラ責め<<

【コミなび純稿】 あやかしの種 3話

あやかしの種の最新3話はココ

QRコード(スマホ読み取り)

◆パソコンのお客様はスマホで読み取って下さい。

↓QRコードはコチラ↓